レッスンの流れ

IF個人レッスンの流れを紹介!

小学生3年生に行ったレッスンを例にレッスンの流れを紹介していきます。トレーニングメニュー等は選手によって変わってきますのであくまで参考として御覧ください。

  • 1

    レッスン場所に集合
    コーチが指定の場所か、レッスンご希望の場所のどちらかにて現地集合を行います。事前にコーチの服装や顔を確認しておくとスムーズです!
  • 2

    挨拶をしてレッスンスタート!
    挨拶を行ったあとはいよいよレッスンスタートです!IF個人レッスンでは最初にコーチと選手の距離を縮めるため、選手の緊張をとくため、そして選手のサッカー感や行いたいプレーなどを確認するために会話しながらウォーミングアップを行っています!最初に緊張した様子だった選手もここで緊張がほぐれ集中してレッスンに臨んでくれます!
  • 3

    ボディーコーディネーショントレーニング(10分)
    ここから先は具体のトレーニングメニューですのでレッスンごとに変わってきます。 この日はボディーコーディネーション、いわゆる身体を思い通りに動かすことができるトレーニングを行いました。こちらのトレーニングでは運動神経を向上させる目的があります。
  • 4

    ドリブルトレーニング(10分)
    小学生の選手からはよく「チームで基礎練習があまりできていない」「他の子に比べて基礎が足りていないと感じる」といったお話をよく聞くので選手や保護者様のご希望に沿って基礎的なメニューを多くこなすときもあります!この日はシンプルなメニューですがマーカードリブル、その他数種類のドリブル練習を行いました。
  • 5

    パス練習(5分)
    次も基礎的なトレーニングとしてパス練習を行いました。パスの基本的なフォームから応用、意識すべきことなども併せてこのタイミングでお伝えしました。
  • 6

    オリエンタード(15分)
    いわゆる動かすトラップです。ただ止めるだけでなくより試合で活かせられるトラップ練習を行います。慣れてくれば途中で守備役を行い、相手を認知しトラップを方向づけられるトレーニングも行います。
  • 7

    シュート改善(20分)
    シュート、キックが上手くけれないという選手は多いです。ですので動画撮影を用いキックフォームの改善を行います。蹴ったその場で自分のフォームを確認でき、コーチからフィードバックももらえるので比較的短い時間でもキックフォームは改善されるのです!
  • 8

    最後に本日のレッスン内容を確認、まとめ
    意外と難しいのがレッスンの内容を忘れず、翌日以降も練習、実践に反映させることです。「せっかくレッスンしたのに翌日にはすべて忘れていた、、!」ということを防ぐために最後に選手に「今日意識したことは何かな?」と復習してもらいより記憶に定着させるための時間を設けています。
  • 9

    解散。その後公式LINE等にて次のレッスン決め
    最後も挨拶を行い、その日のレッスンは終了です。レッスン終了後はその日のレッスン動画などをまとめてお送りいたしますのでそのタイミングで次の日程を決めていく形になります。当たり前ではありますが1回でレッスンを終わらすのではなく、定期的に行うことでより大きい成長が見込めます。 あなたにお会いできる日を楽しみにしています!